データ入稿

データ入稿

下記の1~6の事項は、全て入稿データ制作のうえで必要な要件です。
必ず参照のうえで、入稿データ制作をお願い致します。

(不備があった場合、データ修正料が別途必要となる場合がありますのでご注意ください。)
 

1.対応OS・ソフト

印刷用データとして、当社が対応しているOS・ソフトは下記の通りです。

1.対応OS

Mac OS 9、Mac OS X推奨、Windowsも可

2.対応ソフト

●Adobe Illustrator(8.0J・9.0J・10.0J・CS・CS2・CS3・CS4・CS5)

※Illustrator9.0J・10.0J・CS・CS2については、特定機能を使用した際に、印刷結果に不具合を生じます。回避方法等、詳しくはTELにてお問い合わせ下さい。

●Adobe Photoshop(4.0J・5.0J・5.5J・6.0J・7.0J・CS・CS2・CS3・CS4・CS5)

 

2.使用フォント

すべてのフォントはアウトライン処理をして下さい。

アウトライン処理をする際は、必ず【すべてのロックがはずれていること】を確認のうえ処理して下さい。
ロックがかかったまま処理すると、ロック部分がアウトライン化されず、文字バケしてしまいます。

 

3.制作サイズ

制作サイズ…原稿の作成にあたっては、下記のサイズにて制作をお願いします。

〈輪転〉
B5:絵柄サイズ181×256 用紙サイズ191×272
B4:絵柄サイズ256×368 用紙サイズ272×383
B3:絵柄サイズ362×528 用紙サイズ383×546〈正寸〉
B5:用紙サイズ182×257
B4:用紙サイズ257×364
B3:用紙サイズ364×515
A4:用紙サイズ210×297
A3:用紙サイズ297×420(mm)

※トンボは使用した全ての色の100%で指定 (例:4色の場合C100%・M 100%・Y100%・K100%)
※通常は輪転サイズで制作して下さい。 なお、輪転・正寸いずれのサイズの場合でも必ず「用紙サイズでトンボ」を作成して下さい。

■トンボの作成方法

トンボは、「オブジェクトメニュー」のトンボ「作成」ではなく、「フィルタメニュー」のクリエイト「トリムマーク」で作成して下さい。
作成されたトンボに「塗りではなく線に、原稿内で使用した全ての色の100%」で指定して下さい。

 

4.データ作成時の色指定について

必ず、印刷予定色の範囲内で色指定を行って下さい。

例)

●4色(カラー)印刷の場合

原稿面 …CMYKの掛け合わせで作成
画 像 …CMYKモードで作成

●2色又は1色印刷の場合

原稿面・画像共、印刷予定色のみで作成
印刷予定色以外での色指定は、絶対にしないで下さい。印刷時に他色で指定した部分が抜け落ちてしまいます。

■罫線への色指定について

罫線への色指定は、必ず「線」で設定。「塗り」で設定していると、プリンター出力では認識されますが、印刷時には抜け落ちてしまいます。

 

5.画像について

● 画像データは、埋め込み・ラスタライズではなく、必ずリンクで配置して下さい。

[配置方法]・・・画像データをEPS保存し、Illustratorのファイルメニューから「配置」を指定する。

● 画像解像度は、使用サイズで300~350dpiを推奨致します。解像度が足りない場合は、画像部分の印刷結果の劣化を招きます。逆に、不必要に重いデータは作業性が落ちます。また、使用していない画像データは添付しないで下さい。

● 画像データは、形式を「Photoshop EPS」で保存して下さい。

その際、作業効率を上げる為、なるべく「最高画質」または「高画質」で圧縮して下さい。
※画像を「Photoshop EPS」で保存し、Illustrator上に配置した際に、画像が荒れて見える場合がありますが、印刷結果には全く影響ありません。

 

6.カラーカンプ

メディアでの入稿の場合は必ず、最終データ(最終保存時)のプリントアウトを添付して下さい。当社にてデータチェックを行う際に必要となります。


 
 
まずはご相談下さい。
pege top
お問い合わせ 資料請求